【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 庶民の味よ永遠に・・・

ソウル 庶民の味よ永遠に・・・

2010年11月03日

 ソウルの自宅から支局に向かう通勤路にあるイタリア料理店が閉店した。赴任直後、韓国の外交官と初めて懇談した思い出の場所。官庁に近かったので会食で時々利用したが、先月末に「石焼きまぜご飯専門店オープン」の横断幕が外壁に懸かり、いつの間にか内装工事が始まっていた。

 この店のほぼ隣にもイタリア料理店がある。スパゲティ専門の庶民的な店で、昼も夜も行列が絶えない。ニンニクが多少きいているが、値段も手ごろで悪くなかった。

 通勤路の周辺は安くてうまい「庶民の味」の店が多い。豚肉入りキムチ鍋やそぼろ豆腐、済州島名物の魚のキムチ煮。何でもありますとメニュー豊富な店より一品だけの専門店が長く繁盛している。何よりも店員のアジュンマ(おばさん)とのやり取りが楽しい。

 韓国ではもうからないと判断すれば見切りが早い。「石焼きまぜご飯」が成功するか分からないけど、庶民の町で高級店は難しいようだ。 (築山英司)

旅コラム
国内
海外