【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン 紳士淑女の国なのに

ロンドン 紳士淑女の国なのに

2010年11月16日

 ロンドンで「高級」とされるスーパーに昼飯を買いに行き、「紳士、淑女の国」にあるまじき光景を見た、と思った。

 レジの前にできた長蛇の列。ある若い女性は床に置いた買い物かごを足で押したり、軽くけったりして前へ。その前の若い男性は早々と封を切り、パンをかじり、会計の前には食べ終わっていた。

 早速、知人の女性に意見を聞くと、買い物かごの件は「私もよくやりますよ。だれにも迷惑かけてないし、食料はかごの中だから、汚くもならない。何が悪いの?」。

 「スーパーのものをけってもいいのか、かごの外が汚れて次の人に迷惑では」。そう指摘したいと思いつつも一応は納得した。

 では、パンの件もお金は払うんだから問題なしと答えるだろうと思いきや、「そんなことをしていたんですか。いけません。まだ自分のものになっていないのに」と強く非難した。何がよくて、何が悪いのか。それが難しい。(有賀信彦)

旅コラム
国内
海外