【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. モスクワ 煙になるかロシア式

モスクワ 煙になるかロシア式

2010年11月14日

 「たばこは天下の回りもの」-。以前、会うたびに、たばこをねだってくるロシア人の友人に不平を言ったら、こう返された。

 いわく、たばこが安価なロシアでは手持ちが切れたら身近な人にもらうのが当たり前。求められたら応じるのがマナーだとか。

 確かにロシアでは平均的なたばこが日本円にして1箱70~80円。30円ぐらいの安たばこも珍しくない。思えば、友人だけでなくバス停などで見知らぬ人から「1本もらえませんか」とせがまれることもよくある。

 ただ、そのロシア式マナーもどうやら曲がり角を迎えそうだ。

 先日、プーチン首相が本格的な節煙対策に乗り出すことを表明。近い将来、価格の大幅値上げも避けられそうにない。

 喫煙が手軽な半面、ロシアでは火のついたたばこを平気でポイ捨てする姿もしょっちゅう目にする。愛煙家の一人として節煙と同時に世界に通じるマナーも身に付けてほしいと願う。 (酒井和人)

旅コラム
国内
海外