【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ロサンゼルス 太陽は雇用も実らす

ロサンゼルス 太陽は雇用も実らす

2010年12月09日

 数千枚の鏡が太陽の動きに合わせゆっくりと角度を変える。フィールドの端には巨大な塔がそそり立ち、トップは真っ白に光り輝いている。米カリフォルニア州の太陽熱発電プロジェクトの風景だ。集光で生じた熱で蒸気を作ってタービンを回し電気を作るのだ。

 ロサンゼルスなど同州南部は1、2月の雨期を除き毎日晴れる。輝く太陽を利用しない手はない。この数年、いくつもの巨大太陽熱利用プロジェクトに同州エネルギー委員会のGOサインが出た。2020年までに州の消費電力の3分の1を太陽発電など代替エネルギーで賄う計画という。現在、太陽発電量は同州が全米トップ。2位のネバダ州は約9分の1で圧倒的に引き離している。

 最近も地元で世界最大の集光太陽熱発電所の起工式があり、シュワルツェネッガー知事は環境保全だけでなく雇用増大にもつながると絶賛した。 (野口修司)

旅コラム
国内
海外