【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. リスボン 時速175キロは窮乏ゆえ

リスボン 時速175キロは窮乏ゆえ

2010年12月20日

 「目的地まで約30分と聞いたけど」。リスボンでタクシーの運転手に忙しそうに尋ねたのがいけなかった。それはさながらカーアクション映画「TAXi」のようだった。

 「OK!」。スリップ音を響かせ急加速し、3車線の一般道を右へ左へ。急な車線変更を繰り返す。前に車がいなければ、さらにアクセル。時速は175キロに達した。

 こちらはシートベルトを締め取っ手につかまり、身を固くしているのに、シートベルトもせず、鼻歌まじりに軽やかにハンドルをさばいている。と、突然、ストップ。「着きましたよ」と車の前で優雅に一礼した。所要時間は20分だった。

 急いでくれたのは間違いないが、それだけだったのか。数日後に政府の緊縮財政策に抗議する数万人規模のデモが行われた。「不景気のおり、稼ぎ時に少しでも多くの客を乗せたい」。驚くほど安かったタクシー料金がそんな切実な事情を推測させた。(有賀信彦)

旅コラム
国内
海外