【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. 竹山 金ぴかトイレも拝む

竹山 金ぴかトイレも拝む

2011年01月14日

 台湾中部の南投県竹山鎮に、金を貸してくれることで有名な道教の紫南宮がある。その脇に巨大な皮をむいた筍(たけのこ)の形をした建造物が3つ金色に輝いている。建物の入り口には「金筍迎客」の文字があり、客を招いているが、これがなんと紫南宮が自慢する「5つ星級のトイレ」だった。

 3つの「筍」はくっつき、入り口は1つ。中には、男性用、女性用、そして赤ちゃんのオムツを換える施設の3つの入り口が。男性用の室内は円形。壁に沿ってトイレが並び、個室の扉は曇りガラスで入り口に立つと空きの有無が一目瞭然。室内中央に噴水があり、絶えず水音をたて用足しの音を消している。

 参拝客のために建てたトイレの総工費4000万元(約1億1200万円)。金額は確かに5つ星クラスだろう。それにしてもトイレにこれだけの金をかけるとは…。お宮の係員に聞くと「誰でもトイレはきれいなほうがいい。これは社会還元です」。

  (迫田勝敏)

旅コラム
国内
海外