【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 無錫 玩具の銃で穴あらわ

無錫 玩具の銃で穴あらわ

2011年04月11日

 「あなたがなんと言おうとも規則。ダメなものはダメです」。鉄仮面の税関職員は冷たく言い放った。

 中国東部にある無錫空港。家族4人で北京に戻るため安全検査を受けたが、子供のリュックの中にあったテレビの戦隊シリーズのおもちゃがエックス線検査で引っ掛かった。

 おもちゃは「ガチャ、ガチャ」と銃にも剣にも変化するタイプ。税関職員の前で、引き金を引いて実演。「ビビビビ、ピローン」という音しか出てこない。

 日本の規則では「材質の強度、形状を考慮した上で明らかに危険性がないと判断されるもの」は持ち込み可能だ。係官に「本物の銃に見えて機内でほかの乗客を威嚇できるなら別だが、これはどうみてもおもちゃだよ」と主張しても、聞く耳を持たなかった。

 息子の前で10分近く交渉しても、らちが明かない。仕方なく、搭乗手続きのカウンターに急いで戻り、おもちゃの銃だけを預けた。あとで中国の規則を調べると、銃や刀の模造品の記述はあるが、「おもちゃの銃」の記述はない。

 昔の中国はいいかげんな部分と人情味があって、もう少し融通が利いた。中国も厳格な管理社会になったなあ、とため息をついた途端、思い出した。北京の空港では何も言われず通過したんだ-。

  (安藤淳)

旅コラム
国内
海外