【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 北京 衣食足りて礼節を…

北京 衣食足りて礼節を…

2011年06月25日

 7年ぶりにやって来た北京。エレベーターに乗り合わせた人が先に降りる時、扉を開ける延長ボタンを押したら、「シェイシェイ(ありがとう)」と礼を言われた。おやっ?と思った。

 会社が入居する建物を警備するこわもての武装警察官に「ニーハオ(こんにちは)」と言ったら「ニーハオ」と返ってきた。タクシーを降りる時は運転手が「ザイジェン(さようなら)」と言う。

 そんなこと当たり前だろう、と言うなかれ。かつては見知らぬ人があいさつを交わすことは珍しかったのだ。十数年前、北京に語学留学した時、リポートに「中国語の素人でも知っているニーハオやシェイシェイを言う人が、なぜか少ない」と書いた覚えがある。

 「北京は何が変わった?」と何度も聞かれたが、外面的には車が増え、どの車も立派に。内面的には礼儀を知る人が増えたことだろう。初対面の人に震災の見舞いの言葉を掛けられたこともあった。世界2位の経済大国に成長した証しか。

 でも、やっぱりいた。ジュースを飲みながらつり銭を投げてよこす店員、街角で「ガーッ」と大きな音で痰(たん)を吐き散らすおじさん、施術中におならする足裏マッサージの従業員…。

 こういう人たちになぜか安らぐのは、心がひねくれている証拠だろうか。 (渡部圭)

旅コラム
国内
海外