【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. サンクトペテルブルク 気をつけなければ…

サンクトペテルブルク 気をつけなければ…

2011年09月04日

 「お兄さん。タクシー、安いよ」。ロシア第2の都市サンクトペテルブルクの郊外の空港で、タクシーの客引きに日本語で声を掛けられた。

 夏の観光シーズン真っ盛りで、日本人観光客も多い。以前、市の警備担当者に聞いた話では、おとなしい日本人はぼったくりタクシーや、置引被害に遭いやすいそうだ。気をつけなければ…。

 結局、一番安いタクシーを選んだが、運転手が「どこから来た?」と聞くので「どこだと思う?」と尋ね返すと自信ありげに「中国」という。

 サンクトでも中国人ビジネスマンは増えているが、急速な経済進出は一方で反感も招き、中国人を狙った傷害事件もしばしば起きている。気をつけなければ…。

 市中心部の露店で聞いてみた。「どこの出身か分かる?」。若い女性の店員は「カザフスタンでしょ」。

 中央アジアからの出稼ぎ者は多いが、経済不況で職のない民族主義者らの排斥対象にもなっている。気をつけなければ…。

 ロシア人の知人にこの話をしたら「もう少し身なりに気をつけたら」と注意された。日本人なら少なくとも民族差別には遭わない、ということらしいが、国籍や人種を身なりで判断するというのもおかしな話だ。差別心には気をつけなければ…。(酒井和人)

旅コラム
国内
海外