【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. 澎湖島 痛みは掘り返さずに

澎湖島 痛みは掘り返さずに

2011年09月15日

 台湾海峡に浮かぶ台湾・澎湖島は地図上では絶海の孤島に見えるが、実は日本との縁が深い。日清戦争で台湾本島とともに日本に割譲され、日本軍は島の中心、馬公市に司令部を置き、最盛時には7万人前後が駐屯。それだけに今も関連する遺跡が残っている。

 その1つが日本軍上陸記念碑。碑は2つあるが、空港近くの林投地区にある記念碑は何とも複雑だ。高い台座の上に碑があるが、周辺は野草が腰の高さまで生い茂り、入れない。台座に続く低い石段への入り口をふさぐように道路が横断。その道路は少し高くなっており、ガードレールもあるので下へ降りられない。つまり記念碑に近寄れないのだ。

 裏手の野草の少ない所を通って記念碑の下にたどり着く。記念碑は中央部分が1センチほど削られ、そこに赤く上陸記念ではなく「抗戦勝利紀念碑」、裏には「中華民国34(1945)年9月3日馬公要塞司令部」と彫られている。「日本軍撤退後、国府軍(蒋介石軍)が上陸して日本の記念碑の文字だけ削って書き直したのだ」と古老が説明してくれた。

 このところ台湾では日本時代の遺跡の修復保護活動が増えているが、さすがに蒋介石軍の記念碑となったものを元の日本の記念碑には直せないのだろう。野草を刈るなどの整備計画も今のところないという。 (迫田勝敏)

旅コラム
国内
海外