【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 北京 成人後もなすがママ

北京 成人後もなすがママ

2011年12月08日

 中国では、1人っ子政策で甘やかされて育った「小皇帝」が問題になっているが、男の場合、成人すると「マザコン」になるケースも少なくないらしい。

 中国の「独身の日」(11月11日)に合わせ、ある共産党系紙は、未婚女性向けに「マザコンの見分け方」なる記事を掲載した。

 いわく、マザコンとは「成人しても自分では何も決められず、母親が言うことがすべて正しいと思っている男性」。

 結婚を前提に交際しながら、破談したあるカップルの場合-。

 彼女「私たち、いつ結婚するの?」

 彼「ママに聞いてみるね」

 彼女「結婚したら親とは別居よね」

 彼「ママは、同居がいいって」

 彼女「あなた私のどこが好きなの?」

 彼「ママが言うには、君は性格が温厚で、物わかりがいいって」

 読みながら笑ったが、書きっぷりはいたってまじめ。彼氏との会話で「ぼくのママが~」が何度も出てきたら「撤退の準備を」などとアドバイスしている。

 「ママ~ぁ」

 北京で開かれたクラシック音楽の演奏会。一列前の客席の中学生ぐらいの少年が、甘ったるい声を出しながら隣の母親に抱きついた。聞き慣れない音楽に退屈したのだろうけど…。「この子も、マザコン予備軍か」(朝田憲祐)

旅コラム
国内
海外