【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 台中 サプライズが流れる

台中 サプライズが流れる

2012年06月18日

 台中の地元百貨店でトイレに入って驚いた。壁一面のガラスケースにビール瓶がぎっしり並んでいる。ビールを飲むと確かにトイレは近くなるが…。ただ、ケースには鍵が掛けられ、ビールは眺めるだけ。店員に聞くと、「ウチはトイレが売り物なんです」。

 この店のトイレは各フロアがそれぞれ違う。子供用品売り場は海底のような室内装飾で壁には魚や海藻が描かれ、便器は子供サイズ。大人は使えない。女性衣料品売り場はキャンドル型ライトがともり、ゴージャスな雰囲気。「全店34カ所のトイレのうち、15カ所がそれぞれ特色ある設計の『主題(テーマ)トイレ』です」と店員。

 「主題トイレ」の建設は9年前から。7階のトイレ改修の際、「子供用品売り場なんだから、子供に喜ばれるトイレにしよう」というトップの発案で、当時、人気だったディズニー映画にヒントを得て、トイレ全体を海底のように設計した。これが大ヒット。以来、トイレの改修のたびにそれぞれの売り場に合った設計にしている。

 「今はネットでも紹介しているので、遠方から来るお客さんもいます」と広報担当。肝心の売り上げへの効果は「直接、数字では表しにくいですが、来店客はずっと増え続けています」と、客寄せ効果は十分発揮しているようだ。 (迫田勝敏)

旅コラム
国内
海外