【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ローマ 「知人」の真の目的は

ローマ 「知人」の真の目的は

2013年02月22日

 昨年の師走の夕暮れに、横断歩道で信号待ちの車の運転手とふと目があった。

 どこかで見たような顔だ。知人の息子に似ているような気がしてきた。

 しかし、彼はミラノに住んでいるはずだ、と戸惑っていると、車を降りて声を掛けてきた。

 「いゃ~、久しぶりだね」

 薄暗がりのなか、半信半疑のこちらの手を取り握手に抱擁。

 「何年ぶりかな。元気でやってるの?」

 こちらは、「相変わらずだよ」と対応しながら名前が出てこない。

 「せっかくの機会だから、何かプレゼントしたいな!服のサイズは48かい?ちょうどいいや。これあげるよ」

 包装された背広上下を車から取り出し、押し付けてきた。

 「何もお返しがないよ」

 「いいから受け取ってよ」

 予期せぬプレゼントを両手に、ぼうぜんとしていると、「ちょっと、ガス欠なんだ。小銭を切らしてさ。あるだけでいいから貸してよ?」。

 一瞬にして目がさめた。まったく面識のない男だ。

 服を返すと、青年は嘆息した。小銭を取れなかったからか、それとも、人違いにがっかりしたのか、いまでも判然としない。

(佐藤康夫)

旅コラム
国内
海外