【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ワシントン シェア人気 理由あり

ワシントン シェア人気 理由あり

2013年04月18日

 通勤でワシントンのオフィス街を抜ける大通りを歩く。すると、歩道の片隅に無残に転がる「自転車だったもの」がいくつもあることに気が付いた。ハンドルやタイヤが取り外されて、もはや単なる工作物だ。

 その自転車の持ち主は盗まれないようにとチェーンで厳重に鉄製の柵にくくりつけていたが、それ以外の部分を全部持っていかれていた。地元の人によると、「そういうパーツを買い取る店があるんです」という。

 主要道には自転車専用レーンが整備され、サイクリングにはやさしい街。だが、日本の市街地のように膨大な放置自転車を見かけないのは、車社会ということもあろうが、盗まれるリスクの高さも一因だろう。

 一方、よく見かけるのが2008年に始まった「キャピタルバイクシェア」と呼ばれる共有レンタル自転車だ。利用者は急増しており、現在、市街に175カ所ある専用の駐輪場で、1700台を運用するまでに拡大している。潜在的な自転車利用のニーズに応えたのだろう。

 日本では放置自転車対策の一環で、自転車シェアが各都市で始まっているが、まだまだこれから。ワシントンでシェアがはやる最大の理由が「盗難」という後ろ向きな背景であるならば、なかなか悩ましい問題だと感じた。 (斉場保伸)

旅コラム
国内
海外