【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ニューヨーク 足並みそろえるには

ニューヨーク 足並みそろえるには

2013年04月17日

 トントントン。またか。米ニューヨークの国連本部で約2週間行われた、国際的な取引を初めて規制する武器貿易条約交渉会議の最終日。

 議長が厳しい顔で木づちをたたいた。

 各国の外交官が議長の周辺に集まり、頭を寄せ合っている。

 既に、外は真っ暗。会議場そばの自販機の飲み物はすべて売り切れ、おなかをすかせたある国の外交官は、差し入れのクッキーをかじっていた。

 彼らが悩んでいたのは「全会一致(コンセンサス方式)」の定義について。

 採択は全会一致が原則だったが、イラン、北朝鮮、シリアが反対を表明した。

 これに対し、推進派は、長年の交渉の末、念願の条約が成立寸前だっただけに、無念を隠せなかった。

 「たった3カ国でしょ? 全会一致でいいんじゃないですか。コンセンサス方式の定義なんてあるの?」とメキシコ。

 コスタリカやチリも「そうだ、そうだ」と言い始め、会場は反対派と推進派が入り乱れて騒然となった。

 結局、コンセンサス方式=全会一致という、辞書通りの定義に落ち着いたのは午後10時すぎ。議長がようやく場を締めくくった。

 「みなさん、全会一致に至らなかったという結果については、全会一致でいいですね」(長田弘己)

旅コラム
国内
海外