【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. デトロイト 8マイルの向こう側

デトロイト 8マイルの向こう側

2013年09月25日

 米デトロイトで育ったヒップホップ界のスーパースター、エミネムの半自伝的映画「8マイル」は好きな映画で、何度も見た。

 財政破綻したこの街で住人たちと話していると、必ず出てくるのが、この「8マイル」という言葉だ。たとえば、かつて薬物中毒だった黒人男性タリーさん(67)。「市が破産したって騒いでいるのは、8マイルより向こうの人たちだよ」。そういう使い方をする。

 街には6マイル、7マイル、8マイルという無味乾燥な名前の道が平行に走る。8マイル・ロードより先は、白人が中心の裕福な地域。そして、8マイルより数字が少ない一帯が、主に黒人が住む貧しい地域、と分けられている。「8マイル」という言葉が持つ意味は重く、深い。

 8マイル・ロードから7マイル側に折れると、廃虚が並ぶ住宅地だ。落書きをされた朽ちた家々に、夏草が生い茂る。ぶらぶら歩いていると、住人たちがいぶかしげな視線をぶつけてくる。

 タリーさんは言う。「この辺は50年前から変わらないよ」。荒廃は昔から。突然悲劇が襲ってきたわけではない、という。「ドラッグと同じ。ここでやってても、誰も問題になんかしない。でも、8マイルの外に広がると騒ぐ。そういうもんだよ」。そう説明してクスクスと笑った。 (吉枝道生)

旅コラム
国内
海外