【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. サンフランシスコ いい人に拾われた?

サンフランシスコ いい人に拾われた?

2013年09月27日

 「カメラがない!」

 休暇で訪れた米西部カリフォルニア州サンフランシスコの湾内にある水族館で、夫が叫んだ。近くの駐車場のエレベーターの入り口の前に置き忘れたという。慌てて戻ったが、やはりなかった。この間、わずか20分ぐらい。

 管理事務所で遺失物届を書いていると、警備員が防犯カメラを見ているのに気付いた。当時の状況が写っていればと思い、見せてくれと頼んだが、向こうは「警察に行け」との一点張り。

 この日は独立記念日。午前中だというのに夜の花火を見るために、多くの人が海岸沿いの駐車場で見物スポットを確保しようと繰り出していて、大忙しだという。

 あきらめて車に戻ろうとすると、私たちが車を止めたすぐ後に、駐車場に入ってきた車の中に、運転手の男性がまだいた。声を掛けてみた。「カメラを置き忘れたんです。知りませんか」

 「ああ」。軽くうなずいた男性は車のトランクから、カメラを持って戻ってきたではないか。

 「ぼくも旅先で携帯電話をなくしたことがあってね。置いてあったから、拾っておいたよ」

 驚きで「サンキュー」を連発し、何度も握手。お礼に20ドルを渡した。謎は多いが、いい人だったと信じている。 (長田弘己)

旅コラム
国内
海外