【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン 外資の脅威もネタに

ロンドン 外資の脅威もネタに

2014年04月14日

 英国でコメディーは人気の番組。政治や経済は格好のジョークになる。

 日本がバブル期に英企業を買収していたころのショーを、ネットで見た。

 スタジオの司会者が言う。「ニュース速報です。英政府がホンダに買収されました。このトラブルだらけの古い民主主義国家の値段は、4億ポンドです」

 画面が切り替わり、政府関係者が記者に囲まれている。

 「ホンダは6カ月間は政府の仕組みは変えないと約束した。ウェールズ地方は全部ゴルフ場に変わるが…」。「解雇はあるのか?」との質問に「解雇? 君たちはいつもそればかりだ。繰り返すが、これは英国民にとってグッドニュースだ」。

 経済自由化を進め、外国資本による買収を後押ししてきた政府を皮肉って笑いをとった。

 最近は中国ネタが増えた。あるショーで、中国で商売をする英国人に扮(ふん)したコメディアンが「中国人はとても働き者。お金のことしか考えていないけど、健全だよ。バカンスで2週間キプロスに滞在し、酒を吐いているだけの英国人よりはね」。

 自虐ネタのちりばめ方が、絶妙だ。 (石川保典)

旅コラム
国内
海外