【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ 否定できない夢物語

カイロ 否定できない夢物語

2014年05月18日

 もはや中東で多少のことには驚かない。だが、それでも今回は耳を疑った。

 というのも、事実上のクーデター後、エジプト暫定政権を主導する軍が突然、「C型肝炎やエイズを治す機器を、独自に開発した」と大真面目で発表したのだ。

 「ウイルスを破壊し、実験では患者の9割が治った」と主張する。地元メディアによると、開発班の責任者は「わが国でC型肝炎は消えるだろう」と豪語した。

 肝炎に苦しむ患者が多いとされるエジプトで、反響はすさまじい。カイロで病院の様子を聞いてみると案の定、問い合わせが殺到していた。だが、医師は「発表に科学的根拠はうかがえず、医師の間では冗談とみられている」と声を潜めて話した。

 にもかかわらず、メディアは「成果」をちょうちん記事で大々的に伝える。疑問を示した政府関係者は「辞任せよ」と袋だたきに遭った。

 夢物語のような機器を宣伝した軍の思惑は、分からない。確かなのは、相手が軍ならば、どんな話でも否定しにくい重い空気が漂っていることだ。

 (今村実)

旅コラム
国内
海外