【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 北京 買って安心 まだ早い

北京 買って安心 まだ早い

2014年07月11日

 高速鉄道である町に出張した際、取材が早く終わったので早い時間の列車で北京に戻ろうと切符売り場へ行った。中国の高速鉄道は、事前購入しておけば一度無料で別の列車に振り替えることができる。しかし窓口の担当者は、切符をしげしげと見た後「身分証の番号が印刷されていないから振り替えはできない」と突き返してきた。

 中国では身分不詳や成り済ましの乗車を防ぐため、高速鉄道の乗車は実名で切符を購入する規則があり、外国人の場合は切符にパスポート番号が印刷される。確かに行きの切符に印刷されていた所に、帰りの切符には何の印字もなかった。

 仕方なく切符を買い直して北京に戻った翌日、使えなかった切符を払い戻してもらおうと購入場所へ。調べた結果、印刷機械の不調で切符に印字されなかったことが分かった。「申し訳ありません」とわびの言葉こそあれ、肝心の払い戻しは予定の乗車時間は過ぎたとして拒否。

 払い戻し手続きをしようにも出張先ではできなかったのに。中国ではままある対応とはいえ、高速鉄道に乗車の際はくれぐれもご注意を。 (新貝憲弘)

旅コラム
国内
海外