【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. ホーチミン その商魂だけは本物

ホーチミン その商魂だけは本物

2014年07月19日

 「バンコクよりホーチミンでしょ」。東南アジアを訪れたい友人に何度言ったことか。バンコクは屋台がにぎやかで活気がある分、客の食べ残しによるすえた臭いを気にしないといけない。ホーチミンは屋台もそれほど多くなく、歩道もきれい。衣類、雑貨類も安い。

 五月中旬、取材でホーチミンを訪れた。日系企業の駐在員も「バンコクより住みやすい」との意見が多く、やはりホーチミンいち押しと思ったら…。

 市場を訪れた。あるブランドの時計が並べられ、値段は定価の三分の一。明らかに偽物だ。男は流ちょうな日本語で「これ本物だよ」。「そりゃ違うだろ」と水を向ける。

 しばらく苦し紛れの弁明が続いた後「中国とベトナム、どっちを応援する?」と話をはぐらかし「ベトナムは長い間戦争をやった。みんな平和が好き。あなたと言い争いたくない」。

 そう言いながら半分まで値引きしてくる。暑さとこの弁舌に目まいすら覚えた。

 結局「偽物だって? 当たり前だろ。さっき日本人が大量に買った。そうして儲けてるんだろ」とニヤリ。図々しさもここまでくれば立派。(伊東誠)

旅コラム
国内
海外