【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. 珍島 家族の祈り 海の神へ

珍島 家族の祈り 海の神へ

2014年07月24日

 フェリー「セウォル号」沈没事故の捜索拠点となった韓国南西部の珍島(チンド)は、「奇跡の島」として知られる。珍島と南東にある茅島(モド)の間の海底が干潮時に海面上に現れ、約2.8キロの道ができる「海割れ現象」が年に数回起きる。旧約聖書に登場する「モーゼの海割れの奇跡」のようだといわれ、日本でも演歌歌手の天童よしみさんが歌った「珍島物語」に登場して有名になった。

 事故から1カ月後、行方不明者の捜索が続く珍島を再訪した。今年は4、5月に小規模な海割れ現象が起きたが、自粛ムードで観光のキャンセルが相次いだという。港の桟橋には「奇跡の生還を待っている」などと書かれた黄色いリボンが数え切れないほど結び付けられ、家族らが泣き腫らした顔で海に祈っていた。

 釣り船に乗り、約20キロ沖の捜索海域に行った。フェリーが沈んだ場所には目印のブイが浮かび、水中は濁って何も見えなかった。

 あの下に、まだ何人もの行方不明者がいる。「願いはひとつ 散り散りになった 家族の出会い」-。「珍島物語」の歌詞が浮かび、海を割ってでも見つけ出してあげたい思いに駆られた。(島崎諭生)

旅コラム
国内
海外