【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ワシントン ネバダを探し続けて

ワシントン ネバダを探し続けて

2014年08月02日

 ずっと米西部ネバダ州を探している。と言っても25セント硬貨(クオーター)のことだ。全米50州ごとに違う絵柄の硬貨が1999年から1年に5州分ずつ発行された。

 50種類のコイン収集を心に決めて2年余り。州ごとにクオーターをはめ込む全米地図も買った。最後に1つだけ埋まっていないのがネバダ州だ。最近は釣り銭にクオーターをもらうと絵柄を確認する癖がついてしまった。

 先日、首都ワシントンから帰宅する地下鉄の中で、アジア系の男性がコインを床に落とした。男性は周囲をちょっとだけ捜したが、早々に諦めた。私は自分の足元に硬貨を見つけた。拾い上げると、ネバダ州のクオーターだった。

 男性は後ろの席の私の動きに気付いていない。一瞬、いろんな考えが頭をよぎった。別のクオーターと交換しようにも手持ちがない。電車は自宅の最寄り駅に着いた。ああ、買い取りを持ち掛ける時間もない…。

 男性の肩をたたき、コインを返した。「見つけてくれたんですか。ありがとう」。「どういたしまして」と作り笑いで降車した。(竹内洋一)

旅コラム
国内
海外