【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. 仁川 メダリストの本心は

仁川 メダリストの本心は

2014年11月18日

 仁川(インチョン)アジア大会の重量挙げ女子75キロ級で、世界新記録を樹立し金メダルに輝いた北朝鮮のキム・ウンジュ選手は、優勝後の記者会見で「記録を出した時、最初に脳裏に浮かんだ人は誰?」との質問に、硬い表情でよどみなく答えた。

 「空より海より遠大な愛を受けた金正恩(キムジョンウン)元帥さまの顔以外、浮かばなかった」。平壌キムチが好きだという24歳の女性らしい喜びの表現は、聞くことができなかった。

 アジア大会で北朝鮮は11個の金メダルを獲得し、健闘が光った。だが、選手や監督の記者会見では常に、北朝鮮選手団の役員らが最前列に着席。大会組織委が用意した英語通訳者も選手には充てず、選手団の一員が通訳して、発言を逐一チェックしているようだった。

 重量挙げ男子56キロ級で世界新を出したオム・ユンチョル選手は、会見で「金正恩元帥さまは『思想を満たせば、卵で岩が割れる』とおっしゃった」と話し、主体思想に培われた精神力の強さを見せることができたと強調した。

 彼らが豊かな韓国を見て何を感じたのか、本心は分からないままだった。(島崎諭生)

旅コラム
国内
海外