【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ 思わぬおめでた発覚

カイロ 思わぬおめでた発覚

2014年12月08日

 日本では飲酒運転や危険ドラッグ使用運転が問題となっている。エジプトはアルコール愛飲者が多くないので、飲酒運転はめったにない。だが、驚いたことに、当地でも薬物を使用しながらの運転が問題化している。

 公共バスを管轄するエジプトの当局は、薬物使用による事故を未然に防ぐ目的で、運転手に定期的な尿検査を実施している。エジプト紙によると、この検査で先日、ちょっとした事件があった。

 やましいところがあったのだろうか。男性運転手が、自分の尿の代わりに自宅から持ってきた妻の尿を検査に提出。当局がこの尿を調べたところ、妊娠2カ月であることが分かった。

 当然、不正は発覚。現在、当局による厳しい追及が続いている。当局は、ほかにも多くの運転手が別人の尿を提出している恐れがあるとして、血液検査の実施も検討しているという。

 市民を対象にした治安当局の抜き打ち検査では、首都カイロの運転手のうち25%以上から薬物反応が出ており、エジプト北西部での検査に至っては、100%近い運転手が陽性だったと伝えられている。(中村禎一郎)

旅コラム
国内
海外