【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ウクライナ・リビウ ビターな現実忘れて

ウクライナ・リビウ ビターな現実忘れて

2014年12月17日

 石畳の路地が続く西ウクライナのリビウ中心部は、中欧の古都のような風情がたっぷりだ。散歩していると旧市街の一角に模型の漏斗が突き出た建物があった。ウクライナでも有数のチョコレート専門店。製造工程も見学でき、有数の観光名所だ。

 大勢の客でごった返す売り場に入ると「あの人」を模した人形チョコが大人気だった。ロシアのプーチン大統領。右手を胸に手を当て、左手には手りゅう弾を隠し持っているタイプ、ナポレオン風の帽子をかぶり皇帝然としているが、拘束衣で両腕が封印されているタイプなど三種類ある。

 南部クリミア半島を併合し今も東部二州で親ロ派武装勢力を支援するプーチン氏に対してウクライナ人は強い反感を抱く。長らく民族文化の中心地だったリビウではなおさらだ。キエフではプーチン氏を罵倒するTシャツが街頭で売られているが、人形チョコには何となくユーモアも感じる。数ある「反プーチン・グッズ」の中でも極め付きの一品といえるだろう。

 買っていた若い女性は「泣きたくなるような現実を、このチョコでも食べて笑い飛ばしたいの」と話していた。 (常盤伸)

旅コラム
国内
海外