【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. ドーハ 潤う産油国のひずみ

ドーハ 潤う産油国のひずみ

2015年01月10日

 産油国として潤うカタール。首都ドーハの道路には、カタール人に人気の日本製高級オフロード型四輪駆動車があふれていた。一方、街の歩行者にカタール人は少なく、ほとんどが出稼ぎの外国人労働者だ。実は人口202万人(2014年)のうちカタール人はわずか30万人ほどなのだ。カタール経済は外国人労働者に依存している。

 ドーハで乗ったタクシーの出稼ぎ運転手は「カタール人以外の外国人は安い賃金でこき使われるんだ」と話した。確かに、工事現場でもホテルでも、目にする労働者は外国人ばかり。

 取材で訪れた外国人労働者の住居には、しっかり処理がされていないためにふん尿の悪臭が漂い、その住居の部屋の全員が逃げられないようにパスポートを取り上げられていた。カタールでの外国人労働者の待遇は国際的にも問題化している。

 日本はカタールから多くの天然ガスを輸入する主要な貿易相手国だ。ある意味で日本はカタール経済を支えている。搾取しているのは誰で、恩恵にあずかっているのは誰なのか。前出の運転手は、タクシーを降りる際に法外な代金を請求してきた。(中村禎一郎)

旅コラム
国内
海外