【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ニューヨーク 身分明かせぬ警察官

ニューヨーク 身分明かせぬ警察官

2015年02月09日

 ニューヨーク市警のある警察官は、わずか2~3週間の間に2度、市内で駐車違反の切符を切られた。なぜ、立て続けに摘発されたのか。

 車の持ち主が警察官であることを示すカードを車内から撤去したからだ。もちろん、間違った場所に駐車したのが悪いだけの話だが、これまでカードを置いておけば摘発を免れていた。では、なぜ撤去したのか。

 警察官の車であることを知られないためだ。米国では、警察官が丸腰の黒人を死に至らしめる事件が続き、抗議活動が激化。その最中、市警の警察官2人がパトロール中に射殺される事件も起きた。

 追跡されて危険な目に遭ったり車を壊されたりしないようにと、市警がカードの撤去を指示。そして、知らない人には自分が警察官であることを話さないように-とのお達しも出た。

 この話は警察官の妻である知人女性から聞いた。彼と面識はなく、一連の事件を受けて「率直な話が聞けないか」と妻に橋渡しを依頼した。だが「知らない人とは会えない」と断られ、その弁明の一端として打ち明けてくれたのが、2度の駐車違反だった。 (吉枝道生)

旅コラム
国内
海外