【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. 韓国・洪川 カチカチ雪面ご用心

韓国・洪川 カチカチ雪面ご用心

2015年03月16日

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪を3年後に控えた韓国は今、ウインタースポーツがちょっとしたブームだ。ソウルからバスで1時間半。平昌の北西約70キロの江原道洪川(カンウォンドホンチョン)郡にあるスキー場を週末に訪ねると、家族連れや若者グループで大にぎわいだった。

 案内表示が韓国語であることを除けば、ゲレンデの雰囲気も人々のウエア、装備も日本のスキー場と変わらない。ゴンドラや高速リフトに並ぶ列は、スキーヤーよりスノーボーダーの方が多数派だった。

 リフトで乗り合わせた男性も「きょうで2回目」というボード派。連れてきた小学生の息子はスキー場のボードスクールに入れ「自分は1人で練習に集中している」と話していた。

 この男性も含め、ヘルメット着用者が多いことに気付いた。しばらく滑って、必要性を身をもって実感した。バランスを崩して転倒した際、カチカチに凍った雪面で頭と左肩を強打したからだ。転んだ前後の記憶があいまいになるほどだった。

 一帯は冷え込みが厳しく、スロープはあちこちでアイスバーン状態。日本のスキー場以上に安全対策が重要だ。 (中村清)

旅コラム
国内
海外