【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. バンコク 渋滞打開 水上に道を

バンコク 渋滞打開 水上に道を

2015年03月24日

 バンコクの首相官邸近くにあるパドゥン・クルンカセム運河で期間限定で開かれている水上マーケットを訪れた。

 運河の一部を人工歩道にし、小舟に乗る人が注文を受けて食べ物を提供する光景は、観光地ではおなじみ。屋台が並ぶ様子に新鮮味は感じられない。

 期待外れでがっかりしていると、会場から最寄りの駅までの3キロを20人乗りのボートで無料で行けるという。運河脇の大渋滞を横目にすいすい走る。凝った装飾を施した橋を下から眺めるのは面白い。大学職員のパッタリーさん(65)は「快適だね。運河からの景色はどれも珍しい」。このボートは好評で日曜日は4000人が利用した。

 バンコクの道はいつも混む。運河は今も多く残っているが、かつての物流の大動脈のような行き来はない。水上バスの形で船で簡単に行き来できれば、観光の面でも市民の利便性でもメリットは大きいはず。

 そもそも一連のイベントはプラユット暫定首相の発案で、会場には制服姿の公務員も目立った。今回の経験を生かして水上バス新設の機運が高まれば、ただの人気取りに終わらないのにと感じた。 (伊東誠)

旅コラム
国内
海外