【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. 米シンシナティ 奴隷を助けた「鉄道」

米シンシナティ 奴隷を助けた「鉄道」

2015年06月29日

 19世紀前半の米国、多くの黒人奴隷が自由を求めて、この川を渡った。イリノイ州からペンシルベニア州に流れるオハイオ川。奴隷制が廃止されるまでは、奴隷州のケンタッキー州と自由州のオハイオ州を隔てる境界線だった。

 逃亡を助けたのが「地下鉄道」と呼ばれる組織。「車掌」と呼ばれる活動家が奴隷州から「乗客」の黒人を連れて、奴隷主からかくまってくれる協力者の家を指す「駅」を転々とした。

 昼間は身を潜め、夜、北極星の方向を目指して道なき道を20キロほど走った。自由を手にする直前、最後に渡ったのが、この川だった。

 オハイオ州シンシナティにある地下鉄道博物館を訪ねた。展示の紹介をしてくれた黒人の職員は「今も理不尽な差別を受けるが、川岸に立つと、あの時代に生まれなくて幸運だったと思う」と漏らした。

 「あの時代」のゆがみは今もアメリカの社会を覆っている。「これを正すには、ゆがんだ時よりずっと長い時間がかかる」。彼の表情が印象的だった。白人の職員がいたら、この歴史をどんな言葉で語るのか、聞いてみたかった。 (北島忠輔)

旅コラム
国内
海外