【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. サンフランシスコ 米国が世界 あるある

サンフランシスコ 米国が世界 あるある

2015年09月11日

 米プロバスケットボールの王者決定戦が行われ、ウォリアーズが40年ぶりに優勝。サンフランシスコ近くの本拠地でがい旋パレードが行われた。翌日の新聞には「ワールドチャンピオン」のプラカードを持って声援を送る人々の写真が載った。

 確かにカナダ・トロントの1チームがリーグに参加しているものの「ほとんど国内戦のはず」と「ワールド」の語に違和感を持った。

 このような「米国が世界」に近い感覚に遭遇することがたまにある。30年前、米プロ・アメリカンフットボールのサンフランシスコ・フォーティナイナーズが優勝して祝勝パレードが行われた。沿道からは「ワールドチャンピオン」の連呼。

 日本人アナウンサーが実況を伝えて「世界チャンピオンになったそうです」と直訳しているのを見たことがある。「日本で聞いたら国際戦と思うだろうに」とひやりとした。

 ほかにも似たような例があるのではと考えたら、あったあった。大リーグの「ワールドシリーズ」だ。この名称は100年も前からあるという。「米国が世界」の感覚はこれからもしばらく続くのだろうか。 (岡田幹夫)

旅コラム
国内
海外