【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ワシントン 宇宙空間に雨音響く

ワシントン 宇宙空間に雨音響く

2015年10月27日

 最近、宇宙空間では時々雨が降るらしい。

 国際宇宙ステーション(ISS)で任務に当たる米国人宇宙飛行士スコット・ケリーさん(51)の話を衛星回線で聞く機会がワシントンであった。滞在日数は約6カ月まで来たという。

 宇宙生活で最もつらいことはという質問に「家族に会えないこと。毎日同じ環境なのが厳しい。天気の変化もなく、同じ照明の下、同じ音をいつも聞いている」と単調さを訴えた。

 ロシアの宇宙飛行士が風や雨の音を録音した音源を持ってきた。いつしか日を決めてISS内各所にあるコンピューターのスピーカーから雨音を流すように。「ISS内のどこへ移動しても雨音がするのはとても気分が良い」と話した。

 将来の火星滞在に向けた医学データの採取が実験の目玉だ。実はスコットさんの双子の兄弟である宇宙飛行士マークさん(51)は地上にいて、細胞よりも微細なレベルで肉体の情報を提供。世界中の研究者が宇宙と地上の双子を比較研究している。

 地上では少し憂鬱(ゆううつ)にもなる雨音。宇宙空間では人間の肉体に良い影響を与える一要素となれるだろうか。 (斉場保伸)

旅コラム
国内
海外