【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. バンコク  もらうもあげるも徳

バンコク  もらうもあげるも徳

2016年03月07日

 タイ仏教僧団の大僧正の葬儀が昨年12月中旬、営まれた。国民から絶大な尊敬を受けていただけにテレビは終日、お葬式一色。支局の助手に連れられ、黒いポロシャツ姿で式場へ。

 一般の列は1キロ近く続く。12月とはいえ、30度を優に超える。ふらつく体を押して待っていると、物を配る人が寄ってくる。笑顔につられ、まんじゅうを頬張る。甘過ぎる。近くで水は配っておらず、苦悶(くもん)の中、待ち続ける。

 やっとの思いで出口に来ると、テントが並び、食べ物、飲み物を無料で配っている。暑さから解放され、食べたり、飲んだりする姿に安堵(あんど)感がにじむ。ポップコーンに人気があり、これまた、長蛇の列。「徳を積もうと、みんな無料で一生懸命配っているんです」と助手。

 多くの食べ物をポリ袋に提げて帰路につく女性トーンバイさん(62)は「夫にあげます。物をもらうことも、あげることも徳を積むことになるんです」。

 私も米と豚の煮物をくるんだものをもらい、一つ、支局にいるスタッフに手渡した。「コップン、クラープ(ありがとう)」。笑顔を見ると、やはりうれしくなる。 (伊東誠)

旅コラム
国内
海外