【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. 米チャールストン 乱射事件後も続く会

米チャールストン 乱射事件後も続く会

2016年03月12日

 「だからあなたは信用できないんだ」。11月の投開票に向け、長い長い選挙戦を戦う米大統領選。南部サウスカロライナ州チャールストンの劇場で1月に民主党が開いた討論会では、本命視されるクリントン前国務長官を、支持率で猛追するサンダース上院議員が厳しく追及、激論を交わした。

 相手の弱点をギリギリと締め上げれば、反撃はよりヒートアップ。知力を尽くした真剣勝負に送る観客の喝采や、どよめきは、約200人の大統領選担当記者たちが詰め掛けた会場裏手の別室にまで響いた。

 焦点となったのは銃規制のあり方。昨年6月、白人至上主義の思想に傾倒した白人男性の銃乱射で、聖書勉強会に参加していた9人が死亡する痛ましい事件が起きた。現場の黒人教会はこの劇場のすぐ斜め向かいだ。

 深夜にまで及んだ討論会が終わり、少し冷たい風の吹く表に出ると、黒人教会の正面には花束とともに、ろうそくが9つともっていた。脇にある掲示ボードに「毎週水曜日午後6時 聖書勉強会」。誰の姿もない静寂の中で、この教会も事件の苦しみに負けないことを雄弁に語っていた。 (斉場保伸)

旅コラム
国内
海外