【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 休みはある日突然に

ソウル 休みはある日突然に

2016年06月24日

 韓国でも五月五日は「こどもの日」で祝日だ。今年は木曜日だったが、政府が四月下旬に突然、この翌日の六日を臨時公休日に決めた。韓国経済が低迷する中、土曜、日曜と合わせて四連休にし、旅行などによる消費拡大を促そうという狙いだ。

 一兆三千億ウォン(約千三百億円)の経済効果があるとされたが、いとも簡単な決定の仕方に驚いた。朴槿恵(パククネ)大統領が閣議で了承を得るだけで、国会の承認などはいらない。

 昨年、植民地支配からの解放七十周年を記念し、八月十四日が臨時公休日になった。ソウル五輪開幕日、日韓共催W杯サッカーで韓国が4強に進出した際も臨時公休が設けられており、今回で四度目。韓国人の知人らは驚くそぶりもなかった。

 日本人学校や幼稚園も休みになり、子どもたちは大喜び。一方で、急に職員を休ませなくてはならなくなった韓国に拠点を置く日本企業の関係者からは「もっと早く決めてくれればいいのに」とぼやきが漏れた。

 ただ、その日は北朝鮮で三十六年ぶりの朝鮮労働党大会が開幕。わが支局は全員出勤となり、公休日のありがたみは味わえずに終わった。 (島崎諭生)

旅コラム
国内
海外