【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ エジプト 人名の法則

カイロ エジプト 人名の法則

2016年07月03日

 「A・B・C・D」という名前のエジプト人男性を考えてみる。エジプト人の名前は四語で構成され、親が付けるのはA。一般的にBは父親、Cは祖父、Dは曽祖父から受け継ぐ。

 公式文書に名前を記す場合はA・B・C・D。日常生活では「A・B」または「A」と名乗るのが普通だ。男性に子どもEができると、曽祖父Dは消えて「E・A・B・C」となる。

 ただ、先祖に有名人Fがいる場合は、状況が変わる。曽祖父の代わりに、Fを名前に残すことができるからだ。

 仮に有名人Fが男性の先祖だったら、彼の名前は「A・B・C・F」、その子どもEの名前は「E・A・B・F」となる可能性がある。男性の名前にFが入るとしたら、彼は恐らく「A・B」でなく「A・F」と自己紹介するだろうという。

 カイロで暮らしていると、エジプト人には、イスラム教の預言者から取った「ムハンマド」「ムスタファ」など宗教的な名前が多いのに気付く。中にはムハンマド・ムハンマド・ムハンマド・ムハンマドさんといった名前の人もいるのだとか。

 また結婚しても名前は変わらない。 (中村禎一郎)

目的で旅を選ぶ
気分で旅を選ぶ
旅コラム
国内
海外