【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. 米フィラデルフィア 大統領選 菓子で占う

米フィラデルフィア 大統領選 菓子で占う

2016年10月17日

 米大統領選に向けた民主党大会があった東部ペンシルベニア州フィラデルフィア。住宅街の洋菓子店に立ち寄ると、ショーケースには民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン前国務長官と、共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏のロゴを描いたクッキーが並んでいた。

 店を切り盛りするエイミーさんに聞くと、選挙クッキーはオバマ大統領が勝利した8年前の大統領選から作っているという。「おいしさは両候補とも変わらないけど、8年前も4年前もオバマ氏のクッキーは人気だった。よく売れる方が本選でも勝つのよ」と教えてくれた。

 売れ行きは「クリントン氏の方が3倍も多い。トランプ氏にバツ印を付けたクッキーを作れば、もっと売れるという人もいるわ」とにっこり。民主党支持層が多いという地域性も手伝って、店の奥では、クリントン氏のクッキーを増産中だった。

 居合わせた客のクラウディアさんは民主党支持者。それが、期待感を尋ねると「オバマ氏の妻ミシェルさんがなればいいのにね」と予想外の辛口回答。クッキーは売れても、好感度の低いクリントン氏の先行きは甘くないようだ。 (後藤孝好)

旅コラム
国内
海外