【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. 台北 改名「いいね」の花束

台北 改名「いいね」の花束

2017年03月08日

 日本の対台湾窓口機関というよりは事実上の大使館と言った方が分かりやすい台北の「交流協会」が「日本台湾交流協会」(日台交流協会)に名称を変更した。「昨年実施の世論調査で台湾人の認知度が14%と低かった」のも理由の1つだ。

 認知度の低さは何年も前から誰でも感じている。タクシーに乗って「交流協会」と言っても、すぐに走り始める運転手はまずいない。「地址(住所)?」と聞いてくる。

 協会には時々、デモがある。尖閣諸島、沖ノ鳥島、従軍慰安婦・・・などの問題での反日デモ。名称変更の式典の日も、デモ情報で、協会前には防護柵が置かれ、警官隊が詰めた。

 柵の外のデモ隊の中に顔見知りがいた。彼は台湾独立派だったはず。「なんでデモ?」と聞くと「いや、感謝です。台湾の名を入れての改称に、ありがとうのデモ。感謝の花束を届けに来たんです」。プラカードには「日本、いいね。台湾、いいね。日本台湾交流協会、いいね」。

 しかし、協会は柵の中に彼らを入れることはなかった。花束も受け取らない。デモ隊は仕方なく、花束を柵の内側の植え込みに投げ入れて引き揚げて行った。 (迫田勝敏)

旅コラム
国内
海外