【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. マニラ 「客ゲット」なるか?

マニラ 「客ゲット」なるか?

2017年07月13日

 フィリピンの首都マニラではカレッサと呼ばれる観光客向けの馬車が走っている。人力車のような車体を馬1頭が引き、御者のほかに客が2人ほど乗れる大きさ。名所巡りの客引きをしていた1台が、こちらが日本人と気づいて声をかけてきた。

 「見てくれ。俺の馬車にはポケモンがたくさんいるんだ」。御者のジョージさん(43)が自慢げに言った。たしかに、車体の後部にポケモンのキャラクター「ピカチュウ」、側面には同じく「プリン」がペンキで描いてある。座席の布地もポケモン模様とこだわっている。

 数あるカレッサの中で観光客の目を引こうと人気キャラクターで飾るのは、営業努力の一環だ。ポケモン仕様にするための改装費用は1万7000ペソ(約4万円)。ジョージさんは「お金がかかった分、しっかり稼ぐ」と意気込んでいた。

 ただ、知人の塗装業者が手がけたというポケモンの絵は、著作権や商標権を考慮しているとは思えない。いつかこれらの権利保護が厳しくなれば、街でキャラクターに出合う機会は減るのだろうか。無邪気な表情のピカチュウを見ながら、複雑な気持ちになった。 (大橋洋一郎)

旅コラム
国内
海外