【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. パリ 恋に落ちて純愛貫き

パリ 恋に落ちて純愛貫き

2017年07月26日

 今、フランスで39歳のイケメン大統領と同じくらい話題をさらうのが、年上の「プルミエールダム(ファーストレディー)」だ。先日の写真週刊誌の表紙を飾ったのもトランプ米大統領夫人のメラニアさんと談笑する、マクロン氏の妻ブリジットさん(64)だった。

 ブリジットさんはマクロン氏の高校時代の教師で既婚者だった。恋に落ち、周囲の大反対を押し切って結婚した2人の過去も社会をにぎわした。今ではスラリとしたスタイルでセンス良く着こなす夫人のファッションも関心の的。超高級ブランドを身にまとって就任式に臨んだことなど話題には事欠かない。

 ここは「アムール(愛)の国」フランス。大統領といえども愛の形はさまざまだ。前大統領は、パートナーがいながらエリゼ宮(大統領府)からヘルメット姿でスクーターにまたがり、恋人の女優宅に通う様子をスクープされた。サルコジ氏は在任中に歌手と再婚。愛人との間に子どもをもうけていたことが発覚した大統領もいた。

 対照的に「純愛」を貫くマクロン氏。仲むつまじい2人の姿も大統領人気に一役買っているのは確かだ。 (渡辺泰之)

旅コラム
国内
海外