【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 快適走行へ課題あり

ソウル 快適走行へ課題あり

2017年07月29日

 「ソウルの街は自転車で走るようにはできていない」。赴任前、自転車通勤について相談したほぼすべての韓国人に反対された。韓国の道路で最も優先されるのは自動車で2番目が歩行者。最近、スポーツとして自転車を楽しむ人は増えているが、街中を走るのは危ないという。

 だが長年、自転車を愛用してきた身。思い切って乗り始めたら、これが快適だった。支局のある市中心部は歩道が広く、人が多くなければ走りやすい。駐輪場は少ないが、使用者が多くないのですいている上に無料。治安がよく、夜中も走れる。

 ただ注意も必要だ。その一つが横断歩道。自転車走行用の線があるが歩道との間に段差があり、うっかり進むとぶつかる。自転車は車道を走るものなので歩道に上がれないようにしている、と説明されたが、車道に誘導する矢印もなく、そもそも自動車が怖くて車道は走れない。

 ソウル市は担当課を設けるほど自転車政策に積極的。横断歩道問題は批判を受けて、段差をなくす方向で検討しているという。自転車が増えれば歩道は走れなくなるだろう。それまでに自動車の荒い運転を何とかしてほしいのだが・・・。 (境田未緒)

旅コラム
国内
海外