【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. 米モンティセロ 2000年前の「岩新聞」

米モンティセロ 2000年前の「岩新聞」

2017年09月05日

 「ニュースペーパー・ロック」と聞いて何を想像するだろうか。直訳すれば岩新聞だが、さて。早めの夏休みの旅行で米西部グランド・キャニオン周辺を回った際、その岩を訪れた。ユタ州モンティセロ。キャニオンランズ国立公園のそばにある。

 オレンジがかった巨大な一枚岩は側面が黒ずみ、巨大な壁状になっている。高さ約六メートル、側面積は約二十平方メートル。そこに動物や人間、弓矢などの絵が無数に書かれていた。州が設置した案内板によると、約二千年前、文字を持たない先住民族が、岩肌を削って書き記したという。

 それらは象形文字で、詳細な意味は不明だが、仲間との情報や意思の伝達に使われたとみられる。ちょうど新聞のように。

 先住民の岩絵は全米各地でみられるが、この岩を「ニュースペーパー」と名付けたユタ州の感性が素晴らしい。隣にいた初老の男性にそう伝えたら、「ああ」とだけ答え、相手にされなかった。きっと「新聞」を熟読中だったのだろう。私の長男(9つ)に目をやると、「記事」を一生懸命ノートに「書き写し」ていた。そう、読み方は人それぞれなのが新聞の魅力、といったら手前みそか。 (石川智規)

旅コラム
国内
海外