【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 北京 本人確認何度するの

北京 本人確認何度するの

2017年11月06日

 「マネーロンダリング(資金洗浄)の危険がある。引き出せません」。中国銀行の北京にある支店の個人口座に日本から振り込まれた給料が凍結された。赴任して最初の送金。10年前の留学時代に作った口座だが、不都合は一度もなかった。

 「あなたが本人であること、送られた現金を何に使うのかを文書にして提出してください」と銀行の担当者。「ちょっと待って。銀行内部の話だから原因を調べて」と食い下がった。が「分かりません」。結局「今回はパスポートで本人であると確認できたので、明日下ろせるようにします」と銀行側が妥協。

 1週間後、銀行から電話で「またお金が届いています。ところで、あなたは本当に本人ですか」と。「この前も説明した」と苦情を言うと「実は、銀行のシステムでは、あなたは9歳です」と打ち明けた。理由は言わなかったが、私が日本にいる数年前に口座の実名登録が始まった際、入力を間違えたらしい。

 なるほど、9歳の口座に大金が振り込まれたら、いぶかしむよなあ。とはいえ担当者は「銀行に来て変更手続きをしてください」。前と変わらず、おわびの言葉はなかった。 (安藤淳)

旅コラム
国内
海外