【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 中国・広州 漢字の読みにご用心

中国・広州 漢字の読みにご用心

2018年03月01日

 出張から戻る広東省広州市の空港で緊急事態に見舞われた。搭乗券を発券し手荷物検査場前に行くと、女性係員に「搭乗券とパスポートの名前が違う」と言われ、入場を拒否された。

 なぜかと思い、搭乗券の名前を見てみると、ローマ字の表記が日本語読みではなく、中国語読み(ピンイン)だった。私の名前は「アントンチュン」とピンインの表記になっていた。

 係員にパスポートの署名の漢字を見せ「読んでみて」と伝えると「アントンチュン」と発音したが、かたくなに拒否。仕方なくこの便をキャンセルし、券を買い直して北京に戻った。

 発券した大手旅行サイトに苦情を言うと、中国語のサイトでネット予約した際、名前欄にローマ字を書かなかったことが理由という。「漢字で書いた」と言うと「中国人は漢字でもいいが外国人はだめ」と言われた。

 もっと納得がいかなかったのはカスタマーセンターの対応。日本語は流ちょうだったが「あなたの常識が足りないんです」とまで言われる始末。しかし、往路の搭乗券を確認したら、なんとピンイン表記。空港ごとに安全基準が違うのか、大目に見てくれたのか・・・。 (安藤淳)

旅コラム
国内
海外