【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ロンドン 根深いテロへの恐怖

ロンドン 根深いテロへの恐怖

2018年02月28日

 師走が近いロンドンの繁華街に、金切り声が幾重にもこだました。ビル5階に入る支局にも響きわたった。窓の外をのぞくと、猛烈な勢いで、大勢の女性たちが逃げている。

 「テロか」。現場に向かおうとカメラを手に取り階段を駆け下りた。1階のドアを開けようとすると、ビルの別の会社で働く女性が立ちふさがった。

 「私は記者です。大丈夫」と振り切ろうとするが、女性はドアのノブを離さない。「あなたの問題じゃない。今ドアを開けたら犯人が入ってくるかもしれない」。大げさなと思ったが、既に通りから中に避難してきた数人の買い物客が、おびえた表情で立ちすくんでいる。

 外に出るのをあきらめ、避難してきた人からじっくり話を聞くことに。アヌさんという買い物客の女性を支局に招くと、泣き崩れた。「かくまってくれて、ありがとうございます」

 結果は、テロではなかった。地下鉄駅で「発砲音がした」という通報をきっかけに起きたパニックだった。だが笑う気にはなれない。テロが相次ぐ英国で、人々がいかに気を張りつめて生活しているのか、思い知る出来事となった。 (阿部伸哉)

旅コラム
国内
海外