【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. バルセロナ 車中堂々強引なスリ

バルセロナ 車中堂々強引なスリ

2018年03月16日

 バルセロナきっての観光名所、サグラダファミリア。そこから程近い駅で地下鉄に乗り込むと、初老の男とぶつかった。

 ドア付近の床に彼のサングラスが落ちる。男はそれを拾うようにかがんだかと思うと、何とサングラスでなく、私の両足首をつかんだ。すると、後ろからもう1人の男が私を抱え込む。

 何が起きているのか。パニックに陥りそうになる中、ズボンのポケットを探る手の感触に気付く。ああ、これはスリなのだ。男たちは閉まろうとする電車のドアに足を挟み込んで、出発を遅らせようとする。

 2、3回ドアが開閉を繰り返したところで、男たちは舌打ちしながら電車から出ていった。わずか10秒足らず。ファスナー付きポケットに入れてあった財布は無事だったが、ファスナーは半分、下げられていた。

 実は少し前、バルセロナに出張した他社の記者が、地下鉄内で財布を取られる被害に遭っていた。念のためポケットにファスナーが付いたズボンを選んだのが功を奏した。

 欧州でのスリは、電車の乗降時に起きることが多い。しかも手口は結構、強引。くれぐれもご用心。 (阿部伸哉)

旅コラム
国内
海外