【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. イタリア・ミラノ 政治映す店員の対応

イタリア・ミラノ 政治映す店員の対応

2018年04月04日

 イタリアはピザやパスタなど食文化豊かな国だけあって、訪れたミラノでレストランに入っても満足できた。

 味はもとより、普段暮らしているモスクワとの違いを感じたのはウエーターの対応。観光客が集まる混みあった店内をとにかく忙しく動き回っている。

 モスクワのレストランでは、きびきびしたウエーターに出会うことはめったにない。日本のように客が「すいません」と呼び止める習慣もない。注文も会計も、粘り強く相手と目が合うのを待つしかなく、イライラさせられることもしばしばだ。

 忍耐強いロシアの国民性もあるのかもしれないが、イタリアの方が日本人の感覚には近い気がした。

 イタリアと日本は、政治面でも頻繁な内閣の交代を繰り返してきたことで、似ていると指摘されることがある。イタリアでは3月に総選挙があり、再び政界再編が予想されている。

 ロシアも3月に大統領選があるが、すでに20年近いプーチン体制の継続が濃厚だ。変化の中にいるのかどうか。レストランの対応と、政治に関連を感じてしまうのはいささか飛躍しすぎだろうか。 (栗田晃)

旅コラム
国内
海外