【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. バンコク 小さき侵入者の恐怖

バンコク 小さき侵入者の恐怖

2018年05月07日

 想像してほしい。ふと見上げると、キッチンの照明に、数10匹の羽アリが群がり、飛び回っている光景を。

 マンションの部屋中に「ぎゃー」という妻の悲鳴が響く。3歳の娘は壁に身を寄せ「日本に帰ろうか…」。私はあっけにとられ、うろうろするばかりだ。

 最終的に居間の照明におびき寄せ、殺虫剤で成仏願ったが、対処法を巡る口論を経て、家庭の平穏まで小1時間を要した。

 周りの知人らも、羽アリ絡みの恐怖体験を明かす。奴らはごくわずかな隙間から忍び込む。

 やっかい者は他にもいる。昨年、バンコクに来て間もなく、長さ約1センチの灰色の物体が、いくつも壁にへばり付いていた。

 どうやらガの幼虫で、衣服を食うらしい。支局のタイ人助手に写真を見せると、ドスの利いた日本語で「コロス」。仏教の影響で穏やかとされるタイ人も嫌なものは嫌だとみえる。

 希少種から食用まで、タイでは虫の話題に事欠かない。先日マンションの植木の葉をはむアオムシの動きに、娘が見入っていた。生き物を育む環境が豊かとも言える。少なくとも「害」かどうかは、人間の勝手な線引きだろう。 (北川成史)

旅コラム
国内
海外