【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ベルリン 凍った湖に興味津々

ベルリン 凍った湖に興味津々

2018年05月17日

 欧州を厳しい寒波が襲った2月下旬、通勤電車を途中下車して、小さな湖に向かった。凍った湖の上を歩けるかどうか試してみたかったのだ。

 気温マイナス10度。予想通り表面は凍っている。湖岸からそろそろと足を伸ばすと、「ちょっとちょっと、そこで氷に乗れるの」と50代とおぼしき女性が寄ってきた。アルゼンチンから出張でベルリンを訪れ、氷に乗ってみたくて来たという。

 人生で一度も氷に乗ったことがないという女性は興味津々。「向こう岸まで歩きたいけど、安全かどうか自信がないわ。見て、日の当たる部分がまだ凍ってない。東の方によく凍る湖があるからそっちへ行ってみようかしら」と盛り上がっている。私はおっかなびっくり湖岸の氷に乗ってみたが、「地元の人が乗るのを見るまでは乗らない」と女性は眺めるだけだった。

 はるばる日本と南米から来たいい年の大人が、氷に乗れる乗れないと騒ぐ姿はいかにも珍妙だが、未体験の自然現象への好奇心は万国共通かとも思う。

 「あすはもっと寒くなるそうですよ」と声をかけると、「じゃあまた来るわ」と言って女性は去って行った。 (垣見洋樹)

旅コラム
国内
海外